• 2018.10.10
  • Q&A
  • 入門

M&A最終合意直前の売手社長の心変わり

Q

事業承継を目的としたM&Aを進めていました。買手が見つかり譲渡価額等の条件も非常に魅力的で、売手企業の社長も売却に向けて非常に前向きに考えていました。しかし、最終合意直前で売り手の社長が心変わりして会社売却を見送りたいとの意向を示しています。この場合に対処すべき方法はありますでしょうか。また、顧問税理士として、このような突然の意思変更を防ぐ方法はありますでしょうか。

A

解説者

  • 角田 朋子 /公認会計士
  • 角田朋子公認会計士事務所
  • M&Aアドバイザリー、スキーム策定、バリュエーション、ベンチャーM&A、事業再生、事業承継型M&A、事業承継対策、税務全般、組織再編成、財務税務DD
  • (ご注意)
  • 掲載情報は、解説作成時点の情報です。また、例示された質問のみを前提とした解説となります。類似する全ての事案に当てはまるものではございません。個々の事案につきましては、ご自身の判断と責任のもとで適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い申し上げます。
  • 当社および本サービスに情報を提供してい各専門家は、本サービスに掲載されている情報の正確性については万全を期していますが、本サービスの情報の利用に伴い、利用者に不利益や損害が発生した場合であっても、当社および当該各専門家はその責任を一切負うものではありません。